アニメ業界で働きたいなら有名な専門学校に通って就職を目指そう

HOME>注目記事>間違ったところに入学しないために必要なこと

どの分野で活躍したいか考えよう

絵を描く

アニメに関わる仕事に就きたいと考え、専門学校で学びたい場合は、まずはどの分野で活躍することを望んでいるのかハッキリとさせましょう。それは、絵を描く仕事はもちろん、声優だったり脚本家だったり、いろいろな職業があるからです。アニメに関わるという共通点はありますが、それぞれの仕事はまったく違うので、きちんと考えなければ、適切な専門学校に入ることはできません。やりたいことがすでに決まっているのなら、その分野で有名な専門学校に入ることを考えましょう。有名な専門学校の場合は、実際にアニメ業界で活躍する方が講師としてきてくれるので、在学中から現場の雰囲気を知ることができます。

体験入学でさまざまなことを知ろう

描く人

適切な専門学校を決めるための、一番重要な準備は、体験入学(もしくはオープンキャンパス)を利用することです。実際に行われているのと同じ授業を受けられるのはもちろん、専門学校のスタッフに相談もできるため、アニメ関連の仕事に就けるのか説明を求めることも可能です。ちなみに、アニメーターコースや声優コースなど、専門学校によって、いろいろなコースが用意されています。もし、どれに入学するか迷っているのなら、すべてのコースの体験入学を利用するために、何度も通うことを考えましょう。

願書をだして面接に挑もう

イラスト

アニメの専門学校に入学するためには、願書が必要になるので、資料と一緒に取り寄せましょう。ただし、体験入学に参加すれば、そちらでゲットできるため、わざわざ請求する必要はありません。願書に必要事項を記入して、専門学校に送ったのなら、あとは面接を受けるだけです。アニメの専門学校は、落ちることはまずないのでリラックスして面接を受けても大丈夫です。そして、無事に合格通知が届いたのなら、さっそく手続きをして、入学する日を心待ちにしましょう。

広告募集中